Yaruking10YRの”いろフカ”

勉強恋愛仕事に子育て。読者の人生に役立つ情報を発信していきます。ちょっと聞き耳を

時代の違い 「ファイナルファンタジーのモアイ像周辺」vs「 スクラッチという言語」

f:id:Yaruking10YR:20210429161556j:plain

 

FFVの海底のモアイ像の周りをグルグルグルグル・・・

子供の頃、ファイナルファンタジー(あとから調べ直したらFFⅤだった)で海底の中にモアイ像があって、そのモアイ像の周りで何かがあるというガセネタが学校に広がったものだから、モアイ像の周りを潜水艦で朝から晩までグルグルグルグル行ったり来たり何周もしてた時期があった。そして何にも見つからなかった、何も起こらなかった。

(ガセネタでよかったんだよね?)。

当時はネットとか無かったから、本当に「人」to「人」の伝言ゲームよ(いい時代だった)。忍者の世界よ。

「山」、

「川」

「よし味方」の世界よ。信じられないね。

今こそ言わせてもらおう、

「誰だよ”モアイ像の周りで”の噂流したやつ!」。

 

今、同じ年頃になった子供がスクラッチというプログラミング言語でなんかすごいの作ってる。

 

時代の違いもあるけれど、「俺はなんて無駄な時間を・・・、先生バスケがしたいです」

 

・記事を書いてみて気付いたこと

この記事を書いた後に気付いたこと。

FFVをリアルタイムでやっていた世代にしか、その当時ガセネタが流行ったことってわからないんだな、ということ。こういうことも伝えていくことは誰かにとっては価値があるかもしれない。

 

・何故これを記事にしたのか

自分でもよくわからないけれど、「子供の頃の未解決事件」として強烈に印象に残っているからだと考察する。それくらい、これは事件なのだ。一体何だったの?という強烈な。