Yaruking10YRの”いろフカ”

勉強恋愛仕事に子育て。読者の人生に役立つ情報を発信していきます。ちょっと聞き耳を

内向的で暗い女子でも大丈夫な10の理由 モテ女研究所

あなたは暗い系女子ですか?明るい系女子ですか?

 

この記事を見ている人は多分暗いと言われている人かもしれません。

 

いろいろ心配で不安ですよね。

 

でも大丈夫です。

 

今回は「暗い女子が大丈夫な10の理由」をピックアップしてみました。

 

f:id:Yaruking10YR:20210711135555p:plain

誰と比べて暗いのか?周りの評価なだけ

あなたが「暗い」と決めたのは誰でしょう?

そして一体誰と比べて暗いというのでしょうか。

 

あなたは暗いわけではありません。大人しくて上品なだけです。

あなたの本質を見抜くことのできない人間の言うことなど全く気にする必要はありません。

あなたが心配していることは起こらない

いろいろ不安ですよね。いろいろあんなこと、こんなことが起こるんじゃないかと不安ですよね。でも、それって本当に起こりますか?

 

大丈夫、あなたが不安で心配に思っていることのほとんどは起こりません。

 

あなたにはハッピーな未来が待っています。

 

今の環境は永遠には続かない

あなたのことを「暗い」と評価しているのは今の学校のクラスだったり、大学のサークルだったり、職場だったりするかもしれません。

 

でも大丈夫です。あなたを「暗い」と評価しているその環境はいつまでも続きません

 

卒業だったり、職場の人事異動だったりで、その環境はいつか崩れ去ります。

 

自分を低評価していた人間たちの方が大した人生を送れないことに気付く

もしあなたのことを「暗い」と評価して、何か危害を加えたり心ない言葉を投げかけるような人がいたとしましょう。

 

そのような人がこの先成功するでしょうか。

この先も誰かのことを傷つけ続け、気付けば誰からも助けてもらえなくなります。

 

誰かにつらい思いをさせる人間がよい人生を送れることはありません。

 

だからあなたがもしそのような人間に傷つけられている場合にはその場から離れましょう。相手にしてはいけない人物です。 

あなたを必要としている異性が別の場所にいる

あなたは「暗い人」ではなく、大人びていて、大人しくて、上品で、物静かなだけかもしれません。

 

そんなあなたを必要としている異性は別の場所にいます。

 

ですから、今現在の環境にその人物がいないからといって悲観的にならないようにしましょう。大丈夫です。そのうち出会えます。 

yaruking.jp

あなたを必要としている環境や人がいる(人の心の痛みがわかる人間)

あなたは「暗い」と言われてつらい思いをしているかもしれません。

あなたは人の心の痛みがわかる人です。

そんなあなたを必要としている人がこの世にはいます。

だから、大丈夫です。

 

守るものがができたら女性は強くなる

あなたにはいつか守るべき存在ができるでしょう。

そうなったとき、あなたは強くなります。

だから大丈夫です。

 

経験を積んで気にならなくなる

その渦中にいるときは問題がとっても重大なものに思えるものですよね。

でも昔を振り返ってみると、ほとんどのことは大したことなかったことに気付きます。

 

今高校性の方は中学時代を、中学性の方は小学校時代を、小学生の方は幼稚園のときを思い出してみましょう。心配だったことって、時間が経ってみたら大したことじゃなかったですよね。

 

あなたが就職したとき、あなたが結婚して子供ができたとき、あなたが高齢者になったとき、きっと思います。

 

「なんであんなどうでもいいことで悩んでいたんだろう?」と。

 

だから大丈夫です。

 

シンプルに内向的な人間の能力は高い

あなたのことを「暗い」と評価している人達は群れるのが大好きな外向的な人達かもしれません。

 

外向的な人は、他人と関わることが好きですが、内向的な人はかえって消耗してしまいます。

 

ところで、あの有名なオードリー・ヘプバーンも内向的な人だったということ知ってましたか?

 

他にもハリーポッターで有名なエマ・ワトソンも内向的な人だと言われています。

 

なんだか大丈夫な気がしてきましたね。

 

いつかあなたが勝つ

暗い女子=内向的な女子は実は優秀才能を持った女子だということが分かってきましたね。

人の辛い気持ちがわかる優秀な女性。

 

そんなあなたがうまくいかないわけがありません。

 

だから大丈夫です。最後にはあなたが勝ちます。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回は「暗い女子が大丈夫な10の理由」を挙げてみました。

参考になれば幸いです。